とび箱をとぶコツは?

むうくん先生は、そんなに運動が得意ではありませんでした。

だから、できない子の気持ちが、すこしだけわかります。



モモンちゃんは、笑われたから泣いているのではなく、もともとはとべないからないているんです。

だからむうくん先生は、笑ってしまったジュデイくんに

「ももんちゃんにあやまろうね。」とはいいませんでした。

ただあやまってもらっても、余計かなしくなることをむうくんは知っていたからです。

代わりにむうくんは、ジュデイくんに聞きました。

「ジュデイくんどうやってとんだの?もう一度、とんでみて。」

ジュデイくんは、モモンちゃんが大好きだったので、すごく考えながらとびました。P5281338.jpg


「あのね、ポンってとんで、ぱって、手をついて、ぎゅって押したよ。」


むうくん先生は、説明しました。P5281332.jpg



「ジュデイクンみたいにリズムに乗ってとんだらとべそうだね。

いいち、にいい、さあん。または、

とん、ぱっつ、ぎゅっ

って数えながら飛ぶといいかもね。1とんで、2ついて、3おして。


モモンちゃん、おおきなジャンぷしたら、もうすぐとべそうだったよ。」




モモンちゃんがもういっかいとびました。

ジュデイクンは、モモンちゃんがとぶとき、いいち、にいい、さんん。と言いました。

モモンちゃんは、ちょっと怖かったけど、とぶときがんばって思いっきりジャンプしました。





すると、不思議不思議。とべました。とびすぎて、ちょっとマットの上で転んじゃったけど、

とべたんです。

モモンちゃんの目に、また涙が光りましたが、

こんどは、えがおといっしょでした。P5291350.jpg

ジュデイくんは、自分がとべたよりもうれしい気がしました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ここまで読んでくださりありがとうございます。上の2つのバナーをおしてくださると、励みになります。

****************************

体育が終わった後、ジュデイくんが言いました。

「先生、うんどうじょうであそんでいいですかあ?」

うん どうじょ~。」
プロフィール

むうくんまま

Author:むうくんまま
ドールハウスやミニチュアを作っています。作品や日々の日常を綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード